Blog

いよいよ手術!前日と当日気をつけること。

インプラントの手術は口をある程度まで開けていないと患部が見えにくく、正確にインプラントを埋め入れることが難しい場合があります。

虫歯や歯周病がある場合、手術前に治療を済ませておきましょう。

検査の結果、お口に虫歯や歯周病が見つかった場合、先にそちらの治療を済ませてからインプラントの手術を行います。これらの疾患が、インプラント治療に支障をきたすことがあるためです。

実際の治療計画を見てみましょう。

カウンセリングと精密検査をひと通り行ったあと、その結果に基づいた治療計画が担当医から提案されます。
インプラント治療は虫歯1本を治療する場合とは異なり、わからないことや不安なことがたくさんあるかと思います。そのため治療内容を書面にまとめた「治療計画書」を作成してくれる歯科医院もあります。

より安全なインプラント治療のために、術前検査はお口の中から全身まで。

インプラントを埋め入れるときには口腔内の大切な血管や神経を傷つけないよう、患部の骨の形や厚み、歯並び、鼻腔(びくう)の形や上顎洞(じょうがくどう)の骨の高さなど、さまざまな視点から状態を正確に把握して、安全に治療を行わなければなりません。

診断・治療に迷ったら積極的に活用したいセカンドオピニオン。

自分が受ける治療に不安を感じるとき、また今ひとつ納得ができないときなどに、別の医療機関でその治療についての意見を聞き、納得して治療が受けられるようにするシステムを「セカンドオピニオン」といいます。

治療後のトラブルは保証されていますか?

治療後、例え十分なお手入れを行い、メインテナンスを受けていてもお口の中の環境変化などで破損することがあります。そういうときのために保証制度が設けられています。治療の際にはこの保証についても、しっかり確認しておきましょう。

歯の相談・検査の次は治療法と費用の確認をします。

インプラント治療を検討している方への歯科医師からの説明は、治療計画書や費用総額の見積書の書面をもって、事前に行うことが一般的です。それというのも、インプラント治療は、ごく一部の例を除き基本的には健康保険が適用されない自費診療で、それぞれの歯科医師(歯科医院)が異なる治療方法と費用設定を行っているためです。

安心なインプラント治療のため重要なカウンセリング

インプラント治療で受診したとき、最初に受けるカウンセリングは診断の第一歩となります。

インプラント治療の流れを全体をとおして見てみましょう。

インプラントは綿密な計画に基づき、基本的な流れを踏まえた治療法です。もちろん個々人によって治療は異なりますが、ここでは基本的な治療の流れについて説明していきます。

治療をより安全・快適にする院内設備や治療機器とは。

インプラント治療は外科手術を伴うため、一般的な歯科治療よりも感染リスクが高くなります。
以前の歯科医院においては、開放的な空間に診療ユニット(椅子や周辺機材など)を複数台並べているのが一般的でした。

CONTACT

0120-418-367 [受付]10:00~18:00(平日)

Warning: Use of undefined constant cultivation - assumed 'cultivation' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/guidedent/www/wp-content/themes/guidedent/archive.php on line 13