Blog

セラミック治療のメリット3選【審美歯科治療】【デメリットも紹介】

今回は、セラミック治療についてご紹介いたします。
セラミック治療とは、むし歯治療で歯を削った後に、陶器でできたセラミックを使って差し歯やかぶせ物、詰め物など補綴物を作る治療のことをいいます。
セラミック治療のメリットは大きく分けて3つあります。

ひとつ目はやはり見た目がきれいであることです。
セラミックの白さや透明感により、天然歯に近い色合いを作ることができます。

ふたつ目は金属アレルギーをお持ちの方も安心して使用できる点です。
健康保険内の治療で使用される銀歯にはパラジウム合金が使用されており、こちらはお口の中に溶け出し金属アレルギーを引き起こす可能性があります。
ですが、セラミック治療には金属を使用しないため、安心して治療することが可能です。
ただし、金属のフレームにセラミックを焼き付けるメタルボンドでの治療は金属を使用しますのでご注意ください。

みっつ目は、セラミックは表面がつるつるしているため、歯垢などの汚れが付着しづらく、再びむし歯になる可能性が低い点です。
セラミックは変形しにくい素材ですので、使用しているうちに天然歯との間に隙間や段差ができにくいです。もちろん、しっかりとお手入れをする必要はありますが、銀歯に比べると比較的長くお使いいただくことができます。

反対に、セラミック治療のデメリットもご説明いたします。
セラミック治療は健康保険外の自費診療となります。そのため、比較的治療費が高額になる傾向にあります。
また、セラミックは陶器ですので、お茶碗などの陶器製のものと同じように割れてしまうリスクがございます。特に歯ぎしりや食いしばりの癖のある方は、マウスピースなどを用いて保護する必要が出てくるかもしれません。

セラミック治療のメリット3選【審美歯科治療】【デメリットも紹介】

CONTACT

0120-418-367 [受付]10:00~18:00(平日)
03-5790-5260 [受付]10:00~18:00(平日)