Blog

審美歯科治療で使われるセラミックの種類をご紹介します!

今回は、セラミック治療で用いられる材質をご紹介します。
セラミックと言っても、さまざまな種類があり、今回はその中から4つご紹介します。

〇ジルコニア〇
ジルコニアは人工ダイヤモンドとも呼ばれるセラミックです。硬さと透明度を兼ね備えた材質で、他のセラミック材料よりも強度に優れています。その分、セラミック素材の中でも比較的高額になりますが、奥歯など強度を必要とする部分の治療に適しています。

〇e-max〇
ニケイ酸リチウムガラスを主成分としたセラミックをe-maxといいます。硬すぎず軟らかすぎない素材のため、噛みあう天然の歯を傷つけにくいことが特徴です。また、セラミック素材の中で最も審美性が高いと言われていますので、前歯にも使用されます。ただし、透明度が高いため、元の歯の色が反映されやすい点には注意が必要です。

〇メタルボンド〇
金属でできたフレームにセラミックを焼き付けた補綴物をメタルボンドといいます。外側からは金属は見えず、また金属を使用することで強度を保つことができます。内側に金属を使用しているため、金属アレルギーの方は使用できません。また、長く使用しているうちに金属イオンが溶けだし、歯茎が着色してしまう可能性があります。

〇ハイブリットセラミック〇
セラミックと歯科用のプラスチックであるレジンを混ぜて作られるセラミックがハイブリットセラミックです。セラミックの使用量を減らすことができるため、費用を抑えることができます。ただし、プラスチックを使用しているため、強度は高いと言えず、また時間が経つと黄ばんでしまうことがあります。

今回はセラミックの種類についてご紹介しました。歯科医院によって取り扱っているセラミックが異なる場合はありますので、治療をする前にしっかりと確認しましょう。また、治療部位や歯ぎしりなどの癖などにより、適切な材料は異なります。ご自身の希望も伝えつつ、歯科医院での診断を元に相談するようにしましょう。

審美歯科治療で使われるセラミックの種類をご紹介します!

CONTACT

0120-418-367 [受付]10:00~18:00(平日)
03-5790-5260 [受付]10:00~18:00(平日)