Q&A

歯科用CTでは、顎の骨の状態や神経、血管などの位置を立体的に確認できるので、インプラントを埋め入れる最適な位置を判断することが可能となり、広く用いられています。
また、緻密な治療計画を立てることで手術時間が短縮され、患者さまの身体への負担の軽減などに繋がる、歯科医師と患者様の双方にとって大きな役割を果たしています。

治療後も埋め入れたインプラントの状態や顎の骨の状態を確認するためにCTでの撮影をおこなうことがあります。歯科用CTは歯科治療において重要な役割を担っていると言えます。

よくある質問 一覧

CONTACT

0120-418-367 [受付]10:00~18:00(平日)